【その日に落とせば消える】赤ワインのシミの落とし方

akawain-simiotosikata
おしゃれな雰囲気で「乾杯」と言ったはいいものの

綺麗なドレスにこぼした赤い染み・・・

そう、赤ワイン。

大丈夫?と聞かれ大丈夫、すみません!

なんて答えたけど心で泣きました・・・

いや、全然大丈夫じゃない。赤ワインの染みってどうとるの?!

誰か助けて~グーグル先生!と心の中で叫ぶけれど、

この時間に必死な顔で調べるわけにもいかず、帰宅までソワソワ。

急いで脱いでみてがっくり。慣れない食事をするもんじゃなかった。

ドレスなんて着るんじゃなかった、もうTシャツで飲んでればこんな目には・・・

ご安心ください。そんな時のために、

今回は赤ワインのシミの落とし方についてご紹介します。


とはいっても赤ワイン。

ワインのシミ抜きは簡単ではありません(絶望させたらすみません)

赤ワインのシミは特に色素が強く、色が落ちづらいのです、

元は水性の染みで落ちやすいのですが、時間の経過と共に酸化してしまいます。

そうなると漂白処理が必要になる場合があります。

できる限り早い対処をしましょう。


まずこぼしてしまった時には、すぐに水洗いをするたけでその後が変わってきます。

冒頭のような場合でも、席をたって水洗いをすることを推奨します。


時間が少し経ってしまった場合には、

(1).軽く水洗いをしてから台所用洗剤を歯ブラシなどにつけて叩くようにしてなじませます。

※中性洗剤
台所用中性洗剤


(2).染みが落ちているようであれば水ですすぎ、通常の洗濯をします。

落ちないようであれば漂白をします。


(3).液体酵素系漂白剤を歯ブラシにつけ、染みの部分を軽くたたきなじませます。


(4).染みが落ちているようであれば水ですすぎ、通常の洗濯をします。


その日についた染みであれば、ほとんどがこの工程で落とせます。


他にもツイッターのツイートで、

こんな面白い赤ワインの染み取り方法がありました↓

凄いですね、塩?!それは初めて聞いたな~と驚いています。

いったい誰が最初にその方法を見つけたんでしょうかね?

世の中知らないことだらけです。

赤ワインをこぼしてしまってどんよりなアナタもこれで笑顔が戻りますね!


【その日に落とせば消える】赤ワインのシミの落とし方については以上になります。



染み抜き無料のネット宅配クリーニング
厳選!ネット宅配クリーニング・ランキングページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ