学生服を自宅で洗濯する方法

gakuseifuku-sentaku
学生服(制服)は、中学生・高校生になると男女ともに私服の学校以外は、必ずといっていいほど3年間着用しますよね。

その制服も毎日毎日着るものです。

汚れてもあまり目立たないからと洗う頻度も少なく、大きな休みにクリーニング・・・というご家庭もあると思います。

それでも「結構汚れちゃったな」と思う時に、自宅で洗濯できたらいいな~と思ったことはありませんか?

今回は、学生服を自宅で洗濯する方法をご紹介します。

学生服(制服)を家で洗う前に最初に確認すること

●洗濯表示の確認をし、家の洗濯機で洗える制服か、ドライクリーニングに出す必要のある制服かを洗濯タグで確認します。

自宅で洗えない制服は必ずクリーニング屋さんにお願いするようにしてください。

●洗濯する前に、制服のポケットに大事な物やゴミが入っていないかチェックする。

ティッシュなどがあると大惨事になりますから注意してくださいね。

●制服のボタンは取り外し可能なタイプであれば取り外し、外せないタイプのボタンやファスナーは閉めてください。

また、ボタンなどが取れそうだったり、ほつれていないかも確認。

ボタンが取れかけていたり、ほつれがある場合には、そのまま洗濯をすると、ボタンが取れてしまったり、ほつれが広がる場合があるためです。

●洗濯機には、生地が傷まないようにするために、洗いたい制服のみを入れてください。

制服を洗濯機で洗う

(1).制服全体に付着したホコリをブラッシングで除去してください。


(2).制服のボタンを取り外す。

ボタンが外せたいタイプは閉めておき、ファスナーも締める。

制服の汚れ具合を見て、そのままの状態で洗うか、裏返しで洗うか決める。

●形を整え洗濯ネットに入れる。

●たたむのは洗濯ネットの大きさに合わせる。

上着は、袖を前の部分に置いて内側に二つ折りにして、スカートはひだを揃えるように、ズボンは洗濯ネットのサイズに合わせて折るのがポイントです。

また、できるだけ洗濯層の底と同じくらいのサイズのネットをご使用してください。


(3).水温は30度以下が良いので、残り湯などではなく通常の洗濯水を使います。

使用する洗剤について、

洗剤は中性洗剤・おしゃれ着洗剤を使用しますが、一般的な衣料用洗剤には洗い上がりを白く見せるために蛍光増白剤が入っている場合があります。これは白いシャツなどにはいいのですが、色柄物には向かないので、制服などの色の濃いものには色あせたようになる場合がありますので、無蛍光と記載されている洗剤を使用することをお勧めします。

洗濯機の種類について、

全自動洗濯機を使用する場合は、通常の洗濯コースではなく、

水流が弱い「ドライ」「手洗いコース」「ウールコース」などから選択してください。

コースを選べば、あとは脱水までしてくれますので終わるまで待ちましょう。

二層式洗濯機を使用する場合は、弱い水流で2~3分間洗ってください。


(4).脱水は30秒から1分。

長い脱水はシワの原因になります。


(5).脱水終了後は軽くシワをのばして、形を整えて、風通しの良い日陰で干しましょう。

セーラー服の白線部分は両手の指先で軽く引っ張ってあげると効果的です。

プリーツ(ひだ)のスカートは、「ウエスト」と「裾」のあたりを指先で掴んで、縦に軽く引っ張ってから干してあげると効果的です。


(6).制服の干し方

学ラン、ブレザー、セーラー服の上着は、

形を整えて厚みのあるハンガーを使用して干します。


スラックス(ズボン)、スカートは、ピンチハンガーを使用し、

ウエスト部分を筒状に固定して、吊るし干しをします。

制服の洗い方・参考動画

How to M07 家庭洗濯の仕方

制服を手洗いで洗う

(1).大き目の洗面器などに水を張ります。

温度は30度以下にしましょう。


(2).ゆっくり丁寧に押し洗いをします。

もみ洗いなどのこすり合わせる方法は生地が縮む原因になるので避けましょう。


(3).脱水も押し洗いの要領でゆっくり押しながら行います。

ひねって絞るようにすると生地が傷み、シワがつきやすくなるので注意。


(4).おなじく脱水終了後は形を整え風通しの良い日陰で干します。

干し方は、制服を洗濯機で洗う場合と同じです。

学生服の毎日のお手入れ

ハンガーにかける

学校から帰ってきて、制服を脱いだら、ハンガーにかけるようにしましょう。

ハンガーにかけることでシワを防ぎ型くずれの防止にもなります。

上着やズボンに重い物が入っていると、型くずれの原因になりますので、ハンガーにかける前に確認します。

上着はハンガーを使用し、スラックス(ズボン)は、ズボン用ピンチハンガーを使用して、裾部分をピンチで止めて逆さに吊すようにします。

スラックスを逆さに吊るしてあげることで、重みによりシワ等のリカバリ効果があります。

ブラシをかける

土やチョークなどのホコリが付着しやすい制服は、ハンガーにかけた状態で、上から下へと向きを変えずにブラシかけをします。

学校帰りに雨で制服が濡れてしまうことも多々あります。

濡れた制服はシミやカビの原因となりますので、軽い濡れであればタオルで水分を取り、風通しの良い部屋で陰干しするか、またはドライヤーの冷風で乾かしてあげます。

学生服を自宅で洗濯する方法については以上になります。


自宅では洗濯のできない学生服は、クリーニング料金がすべて一律の、

ネット宅配クリーニングがお得。


学生服を安く洗って欲しい時、家で洗うのが面倒な場合に、

重宝するクリーニングショップです。

せんたく便
sentakubin-tokuchou

kousiki

shousai

厳選!ネット宅配クリーニング・ランキングページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ