洗濯物の干し方と早く乾かす方法

sentakumono-hosikata-hayakukawakasuhouhou

洗濯物が乾かない……お部屋(室内)に干した場合によくあることですが、乾かないで悩まされている方も多くいるようです。

洗濯物が乾く季節ならまだしも、ちょっと湿気の多い日なんか続くと、洗濯物が思うように乾いてくれませんよね。

今回は、洗濯物の干し方と早く乾かす方法をご紹介します。

窓際に洗濯物を干して乾かす

洗濯物を早く乾かすには空気の流れが大事なので、窓際など風通しの良い場所に干すと乾きも早いです。

空気の流れがあまりないな、という家の場合には、窓がふたつ以上ある部屋で窓を少し開けた状態で干すと風通しがよくなりますよ。

しかし、窓際に洗濯物を干すのはガラスや壁、カーテンに洗濯物が接触してしまうこともあり、

そのあたる部分の乾きが接触してない部分より乾きが遅くなることも。

カーテンに洗濯物が接触するとカーテンの汚れが衣類についたり、逆にカーテンが洗濯物の水分を吸収してしまいカビが発生することもあります。

下記のような窓枠物干しを使用することで、カーテンや壁への接触を防げます。

アイリスオーヤマ 物干し 窓枠物干し 幅1,100~1,900×奥行370×高さ1,900~2,600mm MW-260R

新品価格
¥2,753から
(2016/8/30 00:30時点)

カーテンを閉めても洗濯物と接触しない優れものです。

浴室に洗濯物を干して乾かす

浴室に洗濯物を干して乾かしている人は多いと思いますが、

換気扇がついているので、部屋干しに適した空間です。

梅雨の時期は浴室も湿気がこもり「カビ」が生えることもあります。

除湿機を使用すると、浴室のカビの発生を防ぎ、衣類も早く乾きます。

また、冬の時期には雪や結露対策にも効果を発揮するようです。

除湿機の当て方(置き方)を変えてみる

衣類を乾かすために除湿機を使用しても乾きが遅いと感じたら、

除湿機の当て方を変えてみるのも良いかもしれません。

下記の動画では除湿機の当て方(置き方)の説明をされています。

動画では除湿機を下から当てた方が洗濯物の乾きが早いことが分かります。

除湿機で洗濯物を早く乾かすには、

洗濯物の間隔をあけて、干す部屋のドアは閉めると乾きも早いようです。

衣類専用の乾燥除湿機を使うともっと良いでしょうね。

扇風機の風で乾かす+新聞紙

扇風機を使って洗濯物を乾かす方もいますよね。

私もサーキュレーターで乾かしたりします。

新聞紙を洗濯物の下に敷き、そこへ扇風機の風を当てると効果があるようです。

新聞紙は除湿としてよく使われていますよね。それを利用した方法です。

ドライヤーで洗濯物を乾かす

買い物袋の底の両角に穴をあけ、衣類を入れてドライヤーの温風を当てるという簡易乾燥機のような感じです。

袋にいれることで温風を逃さず、蒸発した水分をあけた穴から逃してくれるので、急いでいる時にはよさそうです。

熱に弱く袋が溶けてしまう材質の物もありますので注意してください。

ドライヤーで乾かす方法は乾燥機禁止の衣類に使用してはいけません。

また半分くらい乾いている洗濯物に効果的ですね。

アイロンをかけて水分を蒸発させ乾かす

脱水後に普段と同じようにアイロンをかけるだけなので簡単ですね。

ただしアイロンで水分を蒸発させても洗濯物が完全に乾くことはありません。

アイロン後にハンガーにかけることで普通に乾かすよりも乾きが早くなります。

アイロンは殺菌効果もありますし、乾いた後もシワがなくて良いですよね。

洗濯物別に干し方を工夫してみる

洗濯物は裏返しがいいのか?

洗濯物を干す際に、裏返しにしたほうが縫い目などが乾くので、早く乾きやすい、ということがあるのですが、裏返しにして干したほうがいい衣類はなにかというと、ジーンズ・スラックス・生地の厚いもの・裏地のあるポケット付きのもの・縫い目の厚いものなどです。

そして特に、綿素材の中でも色柄物は、日の光に弱く退色していくことがあるので、裏返して干してくださいね。

型崩れしないためにまずすること

型崩れを防ぐためには、まず脱水が終わったらすぐに干すことです。これはとっても重要です!
干す時にはしわをのばすために振りさばいておきましょう。

シワにならないようにできることは

シワになりやすい洗濯物は、一度軽く畳んでから手の平でたたいて伸ばすことをおすすめします。そしてハンガーなどにかけたあと、衿や袖口、ポケットなどのしわが目立つ部分を引っ張って伸ばします。これだけでもとてもいいですよ!


ここから個別の干し方を紹介します。

Tシャツの干し方

ハンガーにかけて干している人も多いと思いますが、

型崩れの原因になったりしてしまうんです。

ではどうしたらいいかというと、竿に直接、二つ折りにして干すです。

ハンガーの痕もつかず、型崩れしません。ただ場所をとってしまいますね。

Tシャツの裾部分を洗濯バサミでとめて干す、ということも可能ですが、

お気に入りの型崩れはしたくないものは直接竿に干し、

普段着などのものだけ裾を洗濯バサミでとめて干す、など使い分けるといいかもしれませんね。

靴下の干し方

口ゴムを洗濯バサミでとめるようにします。

足先のほうなどを洗濯バサミでつるしてしまうと、

口ゴムの湿気が最後に乾くことになりますよね。

そうするとゴムが傷んでしまって、靴下の寿命が早まるので、

ゴム部分を早く乾かすべく、口ゴムの部分を上にして干します。

タオルの干し方

一番大事なのは風の通り道をつくることです。

大きなバスタオルなどの場合は、ピンチハンガーでジグザグに干します。

こうすれば風の通り道ができて乾きやすくなります。

バスタオル専用のハンガーまであるようですよ!

また、タオルを干す前に、

バスタオルを半分に折って折り目を持ち、上下に20回ほど振ります。

するとバスタオルの毛足がそろいます。

そして風通しのよいところで陰干しをすると生地が傷まないので、

ふわふわのバスタオルに仕上がりますよ!是非試してくださいね。

お子さんがいる家庭などはフェイスタオルやハンドタオルも多く使うと思います。

パラソルハンガーというものがあると便利です。

100均で購入できる優れものです。

干す骨部分が多いものもありますが、一枚一本の骨、というより、

一枚を二本の骨にまたがって干すことで、風通しも良いので早く乾きます!

タオルがとにかく多い家庭はこのアイテムを使用するといいかもしれませんね!

ワイシャツの干し方

干す前にシワを伸ばしましょう。とにかくこれが重要ポイントです。

そしてまず振ります。繊維を均一にシワを伸ばす目的で振ります。

そして次に引っ張ります。

生地がほどよく張る程度で、強く引っ張りすぎないでくださいね。

そしてここでハンガーにかけてから、両手で前部分・後ろ部分を叩きます。

これをするだけでかなりいい仕上がりになりますよ。

干す際は、ボタンはひとつだけとめましょう。

襟はピンとたてておくのがベストです。

袖口のボタンは外して、しわ伸ばしをしましょう。


他には逆さまに干す方法もあります。

前ボタンはすべて留めて、襟もたてます。

裾よりも襟がある分重みでシワが引っ張られて、

綺麗に干しあがりますが、ある程度高さが必要ですね。

伸びる素材のニットなどには不向きですが、Yシャツに限ってはこれは良い干し方です。

ジーンズの干し方

パンツやジーンズなどのボトムスは、筒状にして干します。

風通しがよくなることで乾きやすくなります。

ポケットは裏返しておきましょう。

より早く乾きますよ!

トレーナー、パーカーの干し方

ハンガーでは吊るして干しづらい厚手の洋服は、袖の部分を竿にかけると良いですよ。

洗濯物の重みからくる型崩れを防いだり、乾きにくい脇や腕の内側の部分にも風があたるのできちんと乾きます。

ニットなどのデリケートな衣類の干し方

型崩れ防止のために平干しをします。

平干し台がない場合は、ピンチハンガーの上を利用してみると良いでしょう。

室内に干す場合と屋外に干す場合も早く乾くように基本同じですが、

洗濯物の間隔をあける(近すぎると乾きにくいですからね)

風通しの良い場所で、湿気が少ないことが好ましいです。

屋外と部屋(室内)干しのメリットとデメリット

屋外では天候がよければ早く乾く、これに尽きます。

ただ今の環境ですと、ゲリラ豪雨やらPM2.5、

黄砂や花粉がつくなどのデメリットも大きいですね。


一方、部屋(室内)干しのメリットは、

突然の天候の変化があっても室内なので濡れないということです。

また屋外でのデメリットであげたPM2.5や黄砂、花粉などがつかないことですね。

しかしデメリットはやはり、乾きづらいことと、

部屋が湿っぽくなること、場合によってはカビも生えてしまいます。


たとえば屋外に30分干してから、

出かける前に室内干しに変えるなどをすれば、急な雨の心配もいりませんね。

そしてその30分だけでも、効率よく乾かすことができます。

(環境として、室内よりも気温が高く、湿度が低く、風がある場合は)



一度にたくさんの洗濯物を部屋に干してしまうと、

湿度が高くなり乾きにくくなるのはご存知ですか?

こまめに洗濯をして干すのは衣類の接触も少なくなるので乾くのも早くなります。

一回にでる洗濯物自体が多いご家庭には、

向いていない方法かもしれませんが、お部屋で早く乾かすには一番かと。

単身の方や、一回の洗濯量が少ないのであれば、横着せず一回一回洗濯するといいですね。


洗濯物の干し方と早く乾かす方法については以上になります。



洗濯する時間がないならネット宅配クリーニング
厳選!ネット宅配クリーニング・ランキングページへ

家の中に入って洗濯物が干せそうな場所を探してみよう

曇り空がつづいたり、雨の日なんかは洗濯物をどこに干そうかな~と考えちゃいますね。

乾くことが目的だけれど、じゃあいったいどこに干せば一番いいのかな?

と、悩みどころです。

では家の中に入って洗濯物が干せそうな場所を探してみましょう。

まず、どこに干せるかな?と考えたとき、

これを思い浮かべる人多いのではないでしょうか。

カーテンレール

カーテンレールは干せそうですよね。

干している人も結構いるんじゃないでしょうか?

だって、簡単ですものね。

カーテンレールだけどカーテンつけてないよ!

という希有な人にはいいかもしれませんが、

湿気でカーテンがカビてしまったり、窓側部分に当たるところが、

なかなか乾かないというデメリットがあるんですよね。

でも「窓際に洗濯物を干して乾かす」の対策をとることで可能になります。


では、次はどこなら干せそうでしょうか・・・

居間だと湿気が気になりますし、来客がきたらとてもじゃないけど見せられない。

例えばエアコンの効いている部屋に洗濯物を干すのであれば湿気は気になりませんね。

除湿にして、扇風機などをあてると洗濯物の乾きが早くなります。

冬場などは暖房にして扇風機を当てると乾きも良くなりますし、部屋の乾燥対策にも使えますね。ただし、電気代という面では、気になる方もいるかもしれません。

では他にはどんな場所ならいいでしょうか?


意外かもしれませんが、人がいるところは湿気がたまりやすいので、

基本的には干すことに不向きです。

キッチンなども湿気が溜まりますので、ここも干す場所から除外します。

では適している場所はどういうところなのか?というと、

・普段あまり人が使わない場所。

・風通しの良い場所。

なんです。

それを兼ね備えている場所というと、

たとえば普段使わない部屋や換気扇のある洗面所に突っ張り棒などをして、

「部屋の真ん中に干す」という方法や、

「部屋と部屋の間の鴨居などには空気の動きがありますので、

そこに洗濯物をかける」などができます。


しかし、部屋が少ない・狭い・使っていない場所などない!

という場合にも、使える場所があります。

それは、「浴室」です。

浴室乾燥機があればベストですが、ない場合でも工夫ができます。

浴室で洗濯物を干す場合

浴室の水分を拭き取りましょう。

もちろん湯船は入っていては意味がありませんので、

水分がない状態にしておきましょう。

風量が減って乾燥効果が下がってしまいますので、

フィルターも掃除をしておくと良いでしょう。

浴室乾燥機がある方は、吹き出し口の近くに干します。

薄手のものや乾きやすいものは端っこに干します。

乾きにくい運動靴や上履きも床に置いて干すことができます。

洗濯物同士がくっつかない程度に間隔をあけて干しましょう。

浴室乾燥機がないけれど除湿機ならある!という家庭は、

浴室に干して、除湿機をかけましょう。必ず締め切ってくださいね。


両方もっていないという人もいるかもしれませんね。

その場合、浴室と洗面台がつながっていてなおかつ換気扇があるという人には朗報です。

この二か所の換気扇を全開にし、浴室のドアを開けて、そこに洗濯物を干します。

すると、意外と早く乾く!という報告があり、

換気扇なら電気代も安いのでこの手は試す価値がありますね!


また、部屋干しを行う時は部屋干し用の洗剤を使いましょう。

そしてできれば、脱水を時間多くかけてみて、

洗濯物の水分をできるだけ除去しておくことによって乾きやすくなりますし、

乾く時間が早ければ、生乾きのにおいの対策にもなりますね。

雨の日でも効率良く部屋干しができるよう、参考にしてみてくださいね!


♪ちょっと小噺♪

ちょっと趣旨が違うかもしれませんが、ひとつ雑学として。

北枕と同じように、北向きには干さない、という風習があるようです。

他の理由もあって、おひさまに背を向けないで感謝するという表れでもあるとのこと。

お天道さまはいつでもみている、なんて言われるように、

恥じない正しい生き方をするという決意でもあるんですって。

洗濯物ひとつとっても、昔の人はとても丁寧な気持ちで行っていたんですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ