洗ったのに洗濯物が臭いのはなぜ?4つの原因と対策

sentakumonogakusai
せっかく洗ったのに洗濯物がなんか臭い……

ちゃんと洗剤も入れたのに、なぜか生臭い……

どうしてだろう・・・そんな経験ありませんか。


洗った洗濯物が臭いのはなぜなのか?

4つの原因と対策についてご説明します。


まずは洗濯の時に、こんな事をしていないか、

以下をチェックしてみましょう。

原因1.洗濯物が終わった後、洗濯機にそのままにしている時間が長かった

原因2.洗濯槽を掃除していない

原因3.汚れがひどいからと洗剤を多めに入れている

原因4.いっぺんに洗濯を終えたいのでいっぱいつめこんで回している

この項目に「あ、やってる・・・」というドキっとした人は、いるんじゃないでしょうか。
私もやっておりますよ・・・ドキ(笑)


●まずは原因1から、

これは濡れたまま放置しておくと、
雑菌が繁殖し、雑菌臭になってしまうんです。

また空気中の酵母(カビの仲間)の繁殖から、
白かったタオルがピンクっぽい色になったりもしてしまうんです。

※このピンクの色自体にはなんの害もありません。


●原因2については、

なかなか忙しいなどの理由で、
できないという人もいらっしゃるかと思います。

けれど洗濯槽の汚れやカビをみたら、
クリーナー買っちゃうと思いますよ。

それくらい日々の汚れを一手に引き受けている洗濯機ですから、

優しくいたわる気持ちで、掃除しましょうね。


●原因3のように、

「今日は多めにいれちゃお!」という人もいますね、

きっと。

しかし余計な洗剤が洗濯槽や衣類につくことで、

逆に雑菌臭・生乾きの臭いのもとになってしまっているんです!

これでは本末転倒ですね。容量は守って洗濯をしましょう。


●最後に原因4、

これもやってしまいがちな行動ですが、

これでは洗えていない洗濯物が発生したり、

汚れが落ちずに別の洗濯物についてしまうこともあります。

綺麗に洗うためには、洗濯物を詰めて洗うことは厳禁ですね!


対策

ではその気になる臭いはどうしたら防げるのか。

上の4点を守るだけでも結構防げますね。

・洗濯槽を綺麗にして

・洗濯をするときは詰め込まず

・洗濯洗剤は入れすぎないで

・洗濯が終わったらすぐに取り出す

この工程を経るだけでもだいぶいいのですが、

それにプラスして

・洗濯を干すまでに時間がちょっと要るという人は、通気性の良いカゴなどに入れましょう。

・それでもできるだけ早く干しましょう。

家に乾燥機がある、またはコインランドリーが近い人は、

乾燥機を使う事で生乾きの臭いや雑菌臭から衣類を守ることも出来ますね。


また、衣類がいくら洗ってもそれらの臭いが取れないときは、

熱湯で雑菌を殺菌します。

雑巾などの場合は沸騰させて煮るという手段が取れますが、

お洋服の場合は、

熱湯をかけてもいい場所(お風呂場など)にて熱湯を注ぎ、

冷めるまで待つ、という簡単な方法と、


40℃ぐらいの熱湯に臭い衣類やタオルを1時間~2.3時間つけ置きしてから、

洗濯機で洗うという方法もあります。

30度から40度のお湯に酸素漂白剤を入れた状態でつけ置きすることもとても有効的です。

これらを踏まえて、いい匂いのお洋服で気分をあげちゃいましょう!


洗ったのに洗濯物が臭いのはなぜ?4つの原因と対策については以上になります。



洗濯する時間がないならネット宅配クリーニング
厳選!ネット宅配クリーニング・ランキングページへ

洗濯物を洗濯機にパンパンに入れるのはダメ!な理由

補足になります。

洗濯物が多くなる行事ごとや旅行の後、もともと家族が多いなど、

洗濯ものを一気に終わらせたくなる気持ちはよくわかります。

私の家も結構洗濯物が多いので、ついつい早く終わらせたくなります・・。
夏はタオルだけでも結構な量を使用することもあるので、タオルは別にして
二回洗濯機を回すこともしばしば。

そんな洗濯物をいっぺんにおわらせたく、結構つめこんで回してしまう、という人も
割といるんじゃないでしょうか?私も時々やっておりました・・・

しかし!それはやはり良くないようです。

洗濯物を洗濯機にパンパンに入れるのはダメ!な理由をご紹介します。

★洗濯物を入れすぎるとかえって汚れ落ちが悪くなります!
むしろ逆汚染(再び汚れがついてしまう)になってしまいます。

★色移り、絡まりによる衣類の傷つき、破れなどの原因になる。
ありますよね~ハンドタオルが他の衣類とぐるぐる巻きになって、
干す時に乱暴にはがしてみたり・・・
そしてビリ!なんて不吉な音がしてみたり・・・

★洗濯機のモーターに負担がかかり、壊れてしまう可能性もでてくる?!
分相応不相応という言葉があるように、洗濯機にも容量があります。
それはそれぞれの洗濯機の使用方法に明記してあるので、きちんと確認しましょうね。
およそ表示洗濯容量の7~8割が目安です。

★洗えていると思っても洗えていないことがでてくる。
これは体験としてあります・・・横着していっぱい入れて回して、さて干すか~と思ったら
あれ?なんか、乾いてない???と思ったんです。そう、洗えていなかった。
恐ろしいですね。綺麗にするはずの洗濯機で、汚れを落とさず干すとは、洗濯機の意味がどこかへいった瞬間でした。

★汚れが落ちきっていないため、雑菌臭がしてくることも。
あのいや~な臭いのもとにもなってしまうんですね・・・それはいやですね!
もう一度洗う羽目になるのなら、最初から詰め込まないで洗うべきです、やはり。

どう考えても詰め込まないほうが良いとわかる洗濯物。

夏などは汗をかいてついつい多くなった洗濯物に面倒くさくもなりますが、

洗濯機を長持ちさせ、良い香りにして、汚れを落とすためにはやはり!

適量で洗濯物を回しましょう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ