浴衣は自宅で洗える!クリーニング代の節約にもなる浴衣の洗濯方法

yukata-sentakuhouhou
浴衣は夏のお祭り、花火大会、盆踊りなど多くのイベントで男女問わず夏になると着る機会が多くなりますよね。

大人の浴衣や子供の浴衣、毎年夏になると家族みんなで浴衣を着てイベントに参加するとなると、浴衣のシーズン終了後にクリーニング代がかかるのを心配する主婦の方も多いのではないでしょうか。

浴衣を着て沢山楽しんだあとは、汗などをかいて、このまましまうにはちょっと・・・と思うことも。かといって洗濯機にそのまま放り込むわけにもいきませんよね。

せっかくの思い出を綺麗にとっておくためにも、浴衣も手洗いで洗いましょう。


それでは、

浴衣は自宅で洗える!クリーニング代の節約にもなる浴衣の洗濯方法をご紹介します。

●浴衣を洗う場合は【手洗い】で洗います。

●浴衣は綿やポリエステルの素材のものであれば自宅で洗濯することが出来ます。

●まず浴衣の洗濯表示(タグ)を見て、洗濯できるかどうか確認しましょう。

●洗濯機や手洗いで洗えるマークがあれば自宅でも洗えます。

●洗濯する際は、残り湯などは使わないよう注意!色落ちの原因になります。

●色移り防止のためにも、浴衣のみで洗濯をします。

●洗う際は衿芯のあるものは事前に抜いておきましょう。

●色柄が入ったものや大事な浴衣は、
洗う前に色落ちチェックを必ず行ってください。


(1).浴衣を縫い目に沿ってたたみ、洗濯ネットに入れます。

浴衣をたたんだ状態で入る洗濯ネットを使用してください。

洗っている最中に浴衣がばらばらにならないので洗濯ネットに入れるこをおすすめします。

浴衣のたたみ方は、
下記の参考動画をご覧になると分かりやすいです。


(2).洗面台または大き目な洗面器、

浴槽などに「水」又は「ぬるま湯」を張り、

少量の「おしゃれ着洗剤」を入れて溶かしてください。

※藍染めの浴衣はぬるま湯で色落ちしてしまうことがあります。
ぬるま湯の温度調整が難しい場合には「水」をご使用ください。


たたんで洗濯ネットに入れた浴衣を水を張った場所に入れます。

その状態で大体30分ほどつけ置きしてください。


(3).全体を軽く押し洗いします。

ひっくり返して押し洗い。


(4).水を取り替えて2回ほどすすぎ洗いをします。


(5).すすぎが終わった後にのりづけをすることで、

浴衣がパリッとして着心地が良くなります。


(6).浴衣をネットに入れたままの状態で、

洗濯機でおよそ30秒から1分ほど軽く脱水します。


(7).脱水後、浴衣を洗濯ネットから出してアイロンを少しかけます。

ここでのアイロンはお好みで。

アイロンがけをしない時は(8).の工程に進んでください。

濡れた状態でアイロンをかけると、

シワがスッと伸びて、乾いた後もシワが殆どない状態になります。

干した後の浴衣のアイロンがけも少なく済みます。


(8).脱水後、浴衣を取り出し干してください。

ハンガーにかけて、手でしわを伸ばしましょう。

浴衣を日中に干す場合は陰干しをします。


衣紋掛けで干すのが適していますが、

家にない場合には、100円ショップの着物ハンガーでも問題ありません。

お近くのダイソーやキャンドゥで在庫があるか確認してみてください。

もしなければ、100均のバスタオルハンガーでも着物ハンガーとして代用可能です。

浴衣を洗う前に洗濯ネットとハンガーは忘れずに準備しておきましょう。


(9).最後にアイロンがけをして、綺麗にたたみます。


浴衣の洗濯方法は実際に洗っている動画が参考になりますよね。

とても良い動画がありましたのでご覧ください↓

「浴衣を自分で洗ってみましょう」

ほんの少しやり方は違いますが、あなたの洗いやす方法で実践してみてください。


浴衣の汚れやすい衿や袖口、汚れてしまった部分には、
直接洗剤をつけてもみ洗いをすると良いでしょう。


以上が浴衣の洗濯の仕方ですが、
もしこれから浴衣を着る機会がある場合、
以下も参考に覚えておくとお洗濯が楽になるかもしれません。

思いもよらぬところでも浴衣の汚れを応急処置しておけばシミも防げる

食べこぼしの場合は、

乾いたハンカチを汚れた部分の下に入れてから、

濡れたタオルで上から叩きます。

泥ハネの場合には、泥が渇いてから手でもんで取りましょう。

縁日などで美味しく食べていて、ついこぼしたり、

雨の後の道で裾に泥がついてしまった場合など、

ちょっとした行動で、浴衣も綺麗に保てます。

是非覚えていてくださいね。


浴衣は自宅で洗える!
クリーニング代の節約にもなる浴衣の洗濯方法については以上になります。

絹素材、麻素材、絞り素材などの特殊な生地の浴衣は、自宅で洗うことが難しく、これらの生地はクリーニングに出すことをおすすめします。

また、浴衣のクリーニングはネットからも頼むことが可能です。

着物、木綿の浴衣、浴衣の帯(へこ帯)のクリーニングもOK!

大事な浴衣だから自宅で洗うことはしたくない方は利用してみてはいかがでしょう。

リネット
lenet-tokuchou

irui

kutsu

futon

shousai

サブコンテンツ

このページの先頭へ